借金減額方法(任意整理、個人再生、自己破産)

借金減額(債務整理)の手続き

「借金を減額する方法を知りたい」

「払っても払っても減らない借金・・・多重債務になった自分にも原因があるが、楽になりたい」

借金問題は放っておいて解決することは無いでしょう。

それどころか、今辛くて借金減額をお考えになっている状況なのですから、さらに借金が増えていく可能性の方が高いのではないでしょうか。

ここで競馬、パチンコ、スロット、株といったものに賭けてはいけません・・・。

一発逆転に賭けたくなる気持ちも分かりますが、そうした奇跡は訪れないものです。
さらに借金が増えて終わるリスクが高いものには、手を出してはいけません。

それよりは、確実に今後の生活が上向くように借金減額手続きをされることをオススメします。

国が認めた借金減額の方法(債務整理の方法)があります。

借金減額の仕組み

国が認めた借金減額の方法とは、債務整理です。

債務整理の手続きを弁護士など専門家に依頼すると、貸金業者からの督促が止まります。
これによって、精神的にとても楽になる方は多いです。

債務整理には、

・自己破産
・個人再生
・任意整理

と主に3つありますが、方法によっては周り(家族、会社)にバレずに借金減額手続きが進められる場合もあります。

借金問題の専門家に相談をし、あなたの借金の状況により適切な債務整理の方法をおしえてもらう事が出来ます。

この中で最も利用者が多い債務整理の方法が、

「任意整理」

です。

あなたも、任意整理を中心として借金減額お考えになっているかもしれません。

住宅や車など、残したい資産があるのでしたら、個人再生をお考えかもしれません。

もしくは、もう本当に借金を支払うのは不可能。
借金を全部無しにして、一からやり直したい。

そうお考えかもしれません。
その場合には、自己破産を一番にお考えと思います。

あなたの借金総額・利息支払い、収入の状況などによって債務整理の方法も選ぶことが出来ます。

借金減額(債務整理)の方法

借金減額の方法、つまり債務整理の方法ですが、主に次の3つとなります。

自己破産とは

債務整理の中でも、最も効果の大きな方法となります。

自己破産の申し立てを行うことで、全ての借金を免除することが可能です。

しかし、自己破産を行うと自分の全ての資産を手放す必要があり、マイホームも手放さなくてはならないデメリットがあります。

そうした資産が無い、という方にはデメリットはあまり無いでしょうから、借金をゼロに出来るという、とても大きなメリットのある債務整理の方法と言えます。

個人再生とは

裁判所に申し立てることで、借金を概ね5分の1に減らす事ができる債務整理の方法です。

借金が500万円の人は100万円に減額でき、尚且つ金利支払いもゼロになれば、支払いも楽になりますね。

月々の支払い金額についても安く調整してもらえることが多いため、借金解決に大きな効果を発揮する債務整理の方法と言えます。

個人再生を行うには、継続して安定収入があることが条件となります。

マイホームを手放したくない、といった方は個人再生を選ぶケースは多いです。

任意整理とは

債務整理の方法の中でも、最もリスク・デメリットが少ない借金減額の方法です。

貸金業者と弁護士・司法書士の交渉によって、毎月の返済額の減額、利息をカットするといったことを行い返済をしやすくすることを目指します。

利息ゼロにすることが出来れば、借金も払えば元金が減る状況になりますので精神的にも楽になるといえるでしょう。

そうした上で、借金の完済を目指すことになります。

貸金業者と交渉することになりますので、任意整理の経験がある弁護士・司法書士に代理で行ってもらった方が交渉は成功しやすいでしょう。

交渉の進め方が重要とされ、任意整理の交渉にあたる弁護士・司法書士の力量によって減額金額などが変わる可能性があります。

裁判所を通さずに貸金業者と直接交渉することになりますので、貸金業者によっては交渉に応じてくれないといったケースもあります。
(基本的にはほとんどの貸金業者が任意整理の交渉には応じてくれるようです)

債務整理の費用について

債務整理にかかる費用には、次のようなものがあります。

着手金・成功報酬・減額報酬

着手金とは、任意整理、個人再生、自己破産など債務整理を弁護士、司法書士に依頼、契約時に支払う費用です。

依頼した時に支払う費用となり、依頼を途中でキャンセルしたり辞任があったとしても返金されません。
もちろん、例えば任意整理が失敗したとしても着手金は戻ってきません。

任意整理の着手金の相場として、債権者1件あたり2万円~5万円といったケースが多かったですが、最近では着手金ゼロで依頼を受ける事務所が増えてきています。

個人再生の着手金は30万円前後。

自己破産の着手金は30万円前後、となります。

依頼時には借金返済で手一杯、という方も多いため着手金ゼロの事務所を希望される方は多いのではないでしょうか。
(ただし、債務整理にかかる費用をトータルして比較をすることが大切です。着手金ゼロの場合、成功報酬が相場より高額であったり、減額報酬が発生する場合もあります)

成功報酬とは

債務整理を依頼し、貸金業者との和解(借金減額、利息カットなど)が成立したときに支払う費用です。

成功報酬の金額は、債務整理の種類により異なります。

任意整理の成功報酬は、1件あたり2万円前後が相場です。

個人再生の成功報酬は10万円ほど、住宅ローン特例がある場合には10万円前後がさらに費用として必要です。

自己破産の成功報酬は10万円ほど、となります。

成功報酬は着手金がゼロ円の場合には、30万円~40万円となることが多く、トータルすると費用としてあまり変わらないと言えます。

減額報酬とは

減額報酬とは、借金減額に成功した場合にその減額金額に対して、例えば10%の報酬を頂くといった報酬となります。

減額報酬は設定している事務所もあれば、取らない事務所もあります。

費用のチェックの際には、減額報酬の有無、ある場合にはいくらの%設定かを忘れずに確認したいですね。

債務整理を依頼する事務所選びのポイントにしても良いかもしれません。

せっかく借金が減って喜んでいたのに、減額報酬が発生し費用の負担が増える・・・といったことは、出来れば避けたいところです。

費用がかかっても債務整理の専門家、特に弁護士に手続きを依頼した方が良い理由

借金減額手続きを、費用がかかっても弁護士や司法書士など専門家に依頼した方が良い理由があります。

・貸金業者からの督促、取り立てがストップする
・債務整理に必要な書類作成を代行してもらえる
・過払い金の有無を調査してもらえる

また、これらに加えて弁護士に依頼した方が安心な理由として以下も加えられます。

・司法書士は140万円以下の事件しか取り扱いが出来ないということ
・弁護士には裁判代理権がある

これらは実はとても重要です。

過払い金請求をする場合、司法書士は請求できる金額が140万円までとなります。
しかし、返済危険が長い方などの場合には過払い金返還請求が140万円以上になる可能性は高いです。

貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法に引き直して計算してはじめて「幾らの過払い金が発生しているか」が分かります。

この時、過払い金が140万円以上だと司法書士は扱えませんから、辞任をすることになります。

そうなると、依頼人としては新たに弁護士を探さなければならないという二度手間になります。
もし着手金を支払っていれば、損をすることになってしまいますね。

またもし裁判になった場合には、弁護士はあなたの代理として裁判に立つ事が出来ます。
しかし司法書士はそれが出来ません。

借金減額手続き、費用を安くしたい場合のポイント

借金減額をしたいと思っても、ネックになるのが「費用」という方は多いでしょう。

借金減額のために債務整理をしたいとは思うけれど・・・これ以上、どこからお金を出せば良いのか、と悩んでしまう・・・。

借金減額の手続きをするためには、弁護士や司法書士に依頼をする方法が一般的ですが、無料で手続きをしてもらえるわけではありません。

依頼するためには、「費用」がかかります。

決して安い費用では無いですよね。

債務整理を行う場合、依頼する弁護士事務所や司法書士事務所によって着手金や報酬に差があります。

特に債務整理で手続きをする方が多い任意整理においても、着手金が0円のところもあれば、費用報酬が高いところ、トータルで安くなる場合もあります。

減額報酬がかかる10%など請求される法律事務所や司法書士事務所もありますので、実際に債務整理の手続きを申し込む前に、費用は確認された方が良いでしょう。

債務整理の費用が明朗会計な専門家を選ぶこと!

債務整理の続きを依頼する専門家選びで大切なポイントは、任意整理、自己破産、個人再生など手続きにかかる費用が明朗会計に教えてもらえること!

後から思っていた費用よりも高い費用を請求されることがないようしたいですね。

ただでさえ債務整理の費用の捻出に困っているのですから、追加請求があっては堪りません。

また、実際に手続きを依頼する専門家選びの重要なポイントにもなりますが、相談を実際にしてみて、合いそうな弁護士、司法書士を選ぶということです。

今後、ある程度長い期間やり取りをする事になりますので、信頼して債務整理の手続きを任せられる専門家を選ぶことも大切です。

そうした判断をするためには、複数に相談をしてみることも検討してみてください。

初回の相談無料、という法律事務所や司法書士事務所は多いので気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

借金減額診断シミュレーターを利用してみる方法もあります。

⇒ 

分割払・後払いに対応している債務整理の専門家も

借金減額の手続き(債務整理の手続き)を自分で行うのは、正直大変です。

手続きに必要なお金を安く済ませたい、という気持ちもあるかもしれませんが、借金減額の成果に辿り着けずに挫折する可能性が高いといえます。

それに貸金業者などからの督促や取り立てが即日ストップすることで訪れる、心の平穏はとても大切なものといえるのではないでしょうか。

そうしたメリットも考えると、やはり出来るだけ早く債務整理の手続きを依頼したい、次の支払い日が来る前に依頼してしまいたい、といった方もいらっしゃると思います。

借金減額手続き、つまり債務整理の手続きですが、かかる費用の分割払い、後払いに対応している弁護士や司法書士もいます。

債務整理の手続きをしたいけれど、費用の支払いが心配で・・・といった場合には、素直に費用の支払い方法について弁護士や司法書士に相談をしてみてください。

依頼をスムーズに受けられるように、どういった対応があるかを丁寧に教えてくれるはずです。

債務整理の専門家を選ぶ際、こうした費用支払いの対応についても考慮されると良いと思います。

借金減額診断シミュレーターを活用してみてください

借金減額診断シミュレーターというものがあります。

これは、匿名で弁護士や司法書士に、どれくらい借金が減額出来るか診断してもらえるツールとなります。

過払い金の有無の調査もしてもらえることが大半です。

詳しいことは、本格的に弁護士等に相談をする事になりますが、おおよそでも減額出来る金額が分かる事で気持ちも楽になるのではないでしょうか。

そこから、さらに弁護士に借金問題を相談しても良いでしょう。

いきなり弁護士事務所に相談したり、訪れるのは心理的にハードルが高いといえますので、こうした借金減額診断シミュレーターを最初の取っかかりにする方法はオススメです。

無料で活用出来ますので、多重債務など借金問題をお抱えの方、借金減額手続きをお考えの方は、ぜひ借金減額診断シミュレーターを利用されてみてはいかがでしょうか。

⇒ 

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.