借金減額シミュレーターで借金減額相談

借金減額

おすすめ借金減額シミュレーター

更新日:

おすすめ借金減額シミュレーター

借金問題に悩む方にとって、借金減額が成功することは生活の立て直しに直結します。

例えば任意整理の手続きをすることで、

  • 借金総額650万円が総額200万円へ減額
  • 月々の支払い額も7万円から4万円へ減額
  • 支払利息もカット

されれば、確実に借金返済ができるようになるのではないでしょうか。

いきなり弁護士に電話相談するのはちょっと・・・といった方にこそ、おすすめしたいのが借金減額シミュレーターです。

当サイトでは、おすすめの借金減額シミュレーターとして、債務整理分野の実績が豊富な、ライズ綜合法律事務所の借金減額シミュレーターをご案内しています。

⇒ ライズ綜合法律事務所 借金減額シュミレーター

借金減額シミュレーターでどれくらい借金が減らせるか知りたい

借金減額シミュレーターとは、債務整理を専門とする法律事務所や司法書士事務所が提供している無料のシミュレーターです。

こうした借金減額シミュレーターで用意されている代表的な質問として、

  • 借入社数は何社ですか?
  • 現在の借入金額はいくらですか?
  • 毎月の返済額はいくらですか?
  • 最初に借入をした時期はいつですか?
  • 2ヶ月以上滞納したことはありますか?
  • 完済した借金はありますか?

などがあります。

こうした質問に答えるだけで、あなたの借金がどれくらい減額できるか、おおよその減額金額、債務整理後の月々の返済額がどのくらいの金額になるかを診断してもらうことが出来ます。

利用者のメリットとしては、

  • 匿名
  • 無料

で利用出来るということ。

また、家族に内緒の借金という方も多いと思いますが、減額診断の結果もメールでもらうことが出来ますから、バレにくいといえます。

意外と、夫に内緒、嫁に内緒、家族にばれない方法で借金減額をしたい、といった方は多いです。

借金減額シミュレーターを複数、利用してみるのも良いと思います。

法律事務所によって、債務整理の結果、どれくらい借金減額できそうか変わってくるでしょう。

もし複数の借金減額シミュレーターを試す場合には、その中で有利な診断結果、納得出来そうな診断結果を返してきた法律事務所へ、さらに詳細となる借金減額相談をされると良いのではと思います。

おすすめ借金減額シミュレーター

ライズ綜合法律事務所 借金減額シミュレーター

全国各地での相談実績から、債務整理分野において約5万件以上の解決実績
債務整理の実績が豊富な法律事務所としてライズ綜合法律事務所はオススメです。

20年以上の経験を持つベテラン弁護士が代表弁護士を務めています。

⇒ ライズ綜合法律事務所 借金減額シミュレーター

アーク東京法律事務所 借金減額シミュレーター

相談実績1万件以上、アーク東京法律事務所です。

アーク東京法律事務所は「スピード対応、強力弁護」がモットーの法律事務所。

費用に関しても利用しやすいように、着手金0円
後払い、分割払いなど相談者が支払いやすいように対応があります。

代表弁護士の方の言葉に「解決に至らずに終了した事件は、これまで経験していません」ともあります。

相談の入り口として、借金減額シミュレーターを活用されてみてはいかがでしょうか。

⇒ アーク東京法律事務所 借金減額シミュレーター

借金減額の仕組み・からくり

借金減額ができる仕組みは、債務整理の中でも任意整理の手続きを取ることで借金の総額を減額したり、支払利息をカットすることが出来るということになります。

主に借金減額の方法として、任意整理をお考えになっている方が多いと思います。

任意整理の場合には、過払い金の有無が借金減額に重要な要素となりますね。
グレーゾーン金利の時代の頃に借金の支払いがあった方は、かなりの確率で利息の払い過ぎが発生しています。

そのため、任意整理の手続きの際には過去の支払い状況を確認するために、貸金業者に取引履歴の開示を行います。

取引履歴を元に引き直し計算を行い、過払い金があれば元本と相殺したり、それでもさらに払い過ぎている状況であれば過払い金返還請求をすることになります。

過払い金が無い場合も借金減額できる?

とはいえ、グレーゾーン金利の時代には借金をしていない方も増えています。

2010年(平成22年)にグレーゾーン金利は廃止されていますので。

この数年しか貸金業者と取引が無い、といった場合には過払い金は無いケースがほとんどでしょう。
その場合、過払い金が無い場合ですが、借金の元本を減らすことが出来ません。

しかし過払い金は発生していなくても、任意整理では将来利息のカットをしたり、遅延損害金のカットをすることで結果的に借金減額を実現し、返済しやすい和解を目指すことが可能です。

このあたりは任意整理の交渉を担当する弁護士や司法書士の交渉力がものを言いますので、出来るだけ債務整理の実績が豊富な法律事務所などをお選びになることをオススメします。

任意整理でも借金の元金も減額交渉は可能ですが、これも弁護士などの交渉力に依るところが大きいと言えます。

借金減額シミュレーターのデメリット

借金減額シミュレーターを利用する場合のデメリットとしては、そこまでデメリットといえるものはありませんが、強いて挙げるなら次のようなものがデメリットとなります。

あくまで借金減額診断なので、正確な金額は分からない

借金減額シミュレーターはあくまで診断です。

また入力も簡便なものですし、本人の記憶が間違っていたりする可能性もあります。
借入も何年も前だと時期や金額を勘違いしている可能性もありますね。

実際にどれくらい借金減額が可能となるのか、過払い金の有無はどうか、といったことは弁護士などに任意整理の手続きを依頼してみないと分からない、といったことになります。

ご紹介しているような借金減額シミュレーターを利用したとしても、減額診断結果から債務整理をするかしないかは、自由に決めることが出来ます。

一番解決策に納得出来る弁護士を選ぶといった方が多いのではないでしょうか。

債務整理で借金減額する方法

他にも、任意整理の他の方法、債務整理で借金減額する方法があります。

  • 個人再生
  • 自己破産

の2つです。

借金減額診断シミュレーターを利用して診断をしてもらった結果、任意整理ではなく個人再生や自己破産の方が良いという方も中にはいらっしゃると思います。

もちろん、どうしても任意整理で返済を目指したい、といった事情がある場合には他の法律事務所に相談をするなども方法です。

個人再生

任意整理と自己破産の間となるような債務整理の方法です。

個人再生の特徴としては、

  • 裁判所を通した債務整理の手続き
  • 借金元金の減額幅が大きく、5分の1程度まで減額が可能
  • 減額した後の借金は、原則3年で返済を行う(特殊な事情があれば5年)
  • 安定して収入が無いと手続き出来ない
  • 住宅や自動車を手放さずに債務整理が可能
  • クレジットカードやローンを5年~10年間、利用できない

などがあります。

自己破産

自己破産は最も借金減額幅の大きな債務整理の方法です。

自己破産の特徴(デメリット)としては、

  • 裁判所から免責をもらうことで借金を完全に0円に出来ます
  • 住宅や車など、20万円を超える財産は処分されます
  • 免責決定を受けるまで、一部就けない職業がある
  • クレジットカードやローンを5年~10年間、利用できない

などがあります。

ただ、これら以上に自己破産という言葉のイメージが悪く、世間体も悪いことから自己破産だけは免れたい・・・とお考えの方も多いのではと思います。

しかし、借金が1,000万円以上など返済不能な場合には、今後の生活の立て直しのためにも自己破産を検討された方が良いケースはあると言えるのではないでしょうか。

借金問題の解決の入り口にご活用ください↓

-借金減額
-,

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.