リボ払い地獄

リボ払いの借金

リボ払いで自己破産できる?

投稿日:

リボ払い 払いきれない!

リボ払いによる自己破産は出来ます
自己破産の条件は「支払い不能状態」ですから、換金性のある資産が無く、収入も乏しい状態で返済が難しいと裁判所が判断する場合には、自己破産することが出来ます。
リボ払いは確かに便利ですよね。
しかし金利手数料の高さ、残高のわかりにくさが問題です。
ついリボ払いが増えてしまって、借金が200万、300万になっていた・・・となれば、自己破産したほうが良い可能性があります。

リボ払いで自己破産できる?

結論から持ってきますと、リボ払いの借金を債務整理、自己破産することは可能です。

借金の残高、資産状況、収入の状況によっては自己破産ではなく、任意整理でと判断される可能性はありますが、自己破産することは可能です。

収入が乏しい母子家庭、シングルマザーといった方。

突然、病気や怪我で離職せざるを得なかった方(無職)。
またリストラされてしまい、急に収入がゼロになってしまう可能性もあります。

定年退職してからも借金が残る、といった方もいらっしゃるかもしれませんね。

リボ払いは借金の残高によっては金利手数料が高く、返済額の半分以上が利息に充てられてしまう可能性があります。

資産が十分にある方であれば良いのですが、自営業を引退した方などの場合には十分な資産・蓄えが無い方も多いと思います。

国民年金は年金支給額も安いので、生活もままならない・・・といった状況では、自己破産も視野にいれるしか無いかもしれません。

自己破産はギャンブル、浪費といったことが借金の理由の場合でない場合には、認められやすいです。

金額を問わず、

支払い不能状態

かどうかで判断されますから、リボ払いの借金がこれ以上返済が難しい・・・といった場合には、自己破産することを弁護士など債務整理の専門家に相談をされることをおすすめします。

なぜ、リボ払いの借金が増えてしまうのか

私も一時期、リボ払いによる借金の額が100万円を越えてしまい、返済にとても苦労しましたが、なぜリボ払い地獄に落ちてしまうのか。

リボ払いは危険、支払が大変になるよ

ということは頭では分かっていたんです。

しかし、毎月どれだけ買い物をしても月々の支払額は一定、楽、ということに大きなメリットを感じてしまうんですよね。

欲しいものを欲しい時に買える。

仕事が終わって夜遅く、家でくつろぎながらストレスもあってつい衝動買いしてしまう(衝動買いはなぜか深夜にしてしまうことが多かったです)。

生活に必要なものだから・・・と自分に言い訳をして買い物が増える。

ストレスによる買い物依存だったのかもしれないな、と今は思いますね。

2枚目のカードでリボ払い

学生時代に作ったセゾンカードはすぐに利用額の限度いっぱいに。
違うカードでリボ払いをするまでに時間はそうかかりませんでした。

他の方も同じような感じではないでしょうか?

月々の支払いは一定額。
1万円、2万円といった方が多いのかなと思います。

その返済額だとリボ払い残額が増えると、もう全然間に合わないんですよね。
むしろ支払い利息も間に合って無くて、借金が膨れ上がっていく・・・

返済額をリボ残高に合わせて、まめに増額している方って、ほとんどいないのでは?と思います。

皆さん、最初の返済額の設定のままではないでしょうか。

そして気付けば、

「なんでこんなにリボ残高が増えているんだろう・・・?」

といった状況、リボ払い地獄に陥っているのでは、と思います。

行き着き先はさらなるキャッシング

最終的に辿り着くのは、さらなるキャッシングです。

返済が間に合わずに借入れをして返済に充てる。
もうこうなると、自力で借金地獄から抜け出すのは難しいのではないでしょうか・・・。

リボの引き落とし日が怖い。でも来る。

おまとめローンが借りれると一括返済が可能かもしれませんが、結局は借金は残ります。

この時点で既に借金の返済が無理・・・といった方は多いと思います。

リボ払い地獄から脱出するには

リボ払い地獄から脱出するには、

でも詳しく書いているのですが、

  • 繰り上げ返済し、出来るだけ早く返済する
  • 毎月の返済額をとにかく増やす
  • 家族にお金を借りて一括で返す

などの方法があります。

基本は、とにかく「繰り上げ返済」「毎月の返済額を増やす」です。

いつか宝くじが当たったら・・・

パチンコ、競馬で当てて一気に返す!

とか期待してはいけません・・・。

借金問題は「確実に返す」のが最も良い選択肢です。

とはいえ、借金返済も毎月の返済額には限界があります。

正社員、手取り15万円でひとり暮らしの方が毎月の返済額10万といったレベルになると、生活はもう無理ではないでしょうか。

無理に返済を続けようとすれば、多重債務は避けられません。

繰り上げ返済、そんなレベルのリボ払い残高ではない場合は自己破産を

リボ払いの残額も、300万円、400万円といった金額にまで膨れ上がっていた場合。

返済しても元本が減らない状況になっている可能性が高いです。

もうこうなると早く自己破産を視野に債務整理を行うことを考えた方が良いのではないでしょうか。

安易に自己破産するのは避けた方が良いとは思うのですが、限界はやはりあると思います。

精神的に追い詰められてしまう前に、自己破産をして借金が無くなることで明るい毎日を取り戻す方は多いです。

生活を立て直すことをお考えになった方が良いのではと思います。

私も気を抜くと以前のようにリボ払いが増えそうな気がしますので、クレジットカードには挟みを入れて大半を処分しました。

自己破産をした方の体験談を見ていくと、それほど大きなデメリットを受けている方はおらず、みなさん前向きに生活を立て直されています。

もちろん収入の範囲内で生活することが大切になりますが、借金の督促、次の支払い日が来るのが怖い、動悸がするといった恐怖などが無い生活は、精神的に楽です。

リボ払いの返済がもう不可能な金額になっていた場合には、早めに弁護士など債務整理の専門家へ相談をされることをおすすめします。

-リボ払いの借金
-,

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.