リボ払いの借金

リボ払いの借金

リボ払いの借金も借金減額できる?

投稿日:

ショッピングリボ払いの借金減額

毎月の支払い額を一定にすることができるリボ払いは確かに便利です。
毎月1万円ずつリボ払いでブランド品、家電、生活必需品などを購入することができます。
でも、ショッピングリボは便利なだけに改めて借金の総額を確認してみたら50万円、80万円近くになっていた・・・と青ざめる方もいます。
よくよく見れば「毎月の返済では利息分しか支払えていない・・・」といったことも。
ショッピングリボの借金も債務整理の手続きを取ることによって、将来利息のカットをし支払いを楽にすることができます。
返済が難しいと判断した場合、思い切って債務整理の手続きを取り生活の立て直しをすることも必要ではないでしょうか。

リボ払いの借金も借金減額できる

ショッピングリボによる借金も、任意整理や自己破産など債務整理の手続きを取ることで借金減額が可能です。

リボ払いは借金の総額が増えていることに気付きにくいんですよね。

「毎月、しっかり返済している」

という意識が借りている側にもありますし、そもそも毎月の返済の後に、

「借金残額はあとこれだけ。これなら後何ヶ月で完済できる」

と計算をする人も少ないでしょう。

リボ払いは一度経験すると、買い物の際の便利さから2回目、3回目とリボ払いにしてしまう傾向があります。

2社、3社と借入も増えてしまいます。

そして借金の総額が増え、支払い利息が増え、気付けば毎月の支払いでは利息分しか払えていない・・・払っても払っても借金の元本が減らない状況(むしろ増えている状況)に陥っているといったことに。

まだ借金の総額が返済可能な金額であれば、任意整理をして返済を目指す方法も取ることが出来ます。

任意整理は「借金の返済回数・期間を見直す」ことができます。

支払利息カットをしたり、返済年数や回数を見直して毎月の返済金額を減額することで完済を目指します。

自己破産だけは避けたい、といった方も多いと思います。

そのため、リボ払いの債務整理では任意整理を選択される方が多いでしょう。

しかし、任意整理でも今の経済状況から返済が難しいと判断される場合には、個人再生や自己破産といった債務整理の方法もあります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、借金の総額や状況に応じて考えることが必要です。

ショッピングリボが原因で借金が500万円、1,000万円ともなれば返済は厳しいと言わざるを得ません。

リボ払いを任意整理するメリット

リボ払いを任意整理する場合のメリット・デメリットについてみていきましょう。

任意整理により債権者と和解案がまとまると、毎月の返済が楽になりますし確実に借金の元本が減る状態にもっていくことができる可能性が高いです。

将来利息のカット

リボ払いの任意整理では、借金の元本を減額することは期待出来ません。

貸金業者などからの借入であれば、グレーゾーン金利の時代から借金をしている場合には、利息引き直し計算による過払い金で相殺、減額が期待出来ます。

しかしショッピングリボの金利手数料は利息制限法の範囲内であるため減額は難しいでしょう。

そのため、将来利息のカットにより返済を継続することが和解の目的となることが一般的です。

リボ払いで一番返済を辛くしているのが「高額な金利手数料」です。

利息がカットされれば、ショッピングリボによる借金を確実に元本が減る状態にすることができます。

債権者ごとに任意整理の交渉が可能

任意整理は債権者ごとに交渉をすることができます。

リボ払い中の商品は、あなたの物ではありません。
支払が終わるまではカード会社の所有物なんですよね。

そのため、カード会社の判断により商品が引き上げられます。

この時、資産価値があり換金可能と判断されるものは回収されることが多いです。
日常生活で必要なものなどを購入していた場合には、換金性は低いので回収されないことが多いです。

このあたりはカード会社の判断となりますのでケースバイケースとなります。

ただ、テレビ、ブランド商品、車やバイクなどは引き上げられる可能性が高いと言えます。

そのためどうしてもを手元に残しておきたい商品がある場合には、そのカード会社の借金は任意整理から外す、といったことも可能です。

また実際には、

「借金問題で弁護士に相談しよう・・・」

といった状況の方は、リボ払い以外にも借金があることも多いです。

その場合、債権者ごとに任意整理の交渉をすることも可能です。

ただし、注意点としては債権者ごとの交渉となることです。

同じカード会社のリボ払い商品で、これは回収されても良い、これは残したいといったことはできないということになります。

任意整理は個人の問題

任意整理をしようと思っているけれど・・・家族に影響はないの?

と悩んでいる方もいるかもしれません。

任意整理など、債務整理は個人の問題です。

特に任意整理はあなたの範囲内の問題ですから、家族に何らかの悪影響が及ぶことはほとんど無いと考えて良いでしょう。

家族にばれたくない、といった方も任意整理であれば内緒のまま手続きが完了出来る可能性が高いです。

任意整理のデメリット

支払利息のカットなどで借金返済は楽になります。
その代わり、デメリットも受け入れる必要があります。

ブラックリストに載る

任意整理をすることで、信用情報機関が保管してる個人信用情報に事故情報が記録されます。

ブラックリストに載るということになります。

ブラックリストに載ると、完済から5年間は解除されません。

その間ローンやクレジットカードの利用ができませんから、今後の生活で不便なことも出てくるでしょう。

20代と若い方であれば、将来、様々な出費が考えられます。

出産、子育て、子供の学費、住宅購入、突然の怪我・病気による入院、車購入など。

全てを現金一括払いする、というのは現実的ではありません。
やはりローンやクレジットカードの利用が必要な場面はあります。

それを考えると、早く借金完済をしてブラックリストからの解除を早く目指すことも大切ではないでしょうか。

クレジットカードを新たに作れない

任意整理など債務整理をした後は、ブラックリストに掲載されている期間は新規にクレジットカードを作ることができません。

クレジットカード会社の多くはカードの発行審査の際に、個人信用情報をチェックします。

事故情報(債務整理)が記載されていれば、審査は通りません。

しかし、任意整理を完済して5年過ぎればブラックリストから解除されますので、その時の収入状況により新規にクレジットカードを作成できるようになります。

リボ払いの借金も任意整理をすると、支払いが楽になります

債務整理の専門家への依頼により、リボ払いの借金も任意整理の手続きをするとします。

そうすることで将来利息のカットができ支払いが楽になります。

毎月の返済額も減額し、支払い期間も調整ができるため無理なく返済できるレベルまで交渉をしてもらうこともできます。

他の債務整理(個人再生、自己破産)に比べてデメリットが少ない債務整理の方法ですし、手続きも楽ですから任意整理を選択される方は多いと思います。

滞納してしまう前に、任意整理を含め債務整理をお考えになることをオススメします。

-リボ払いの借金
-,

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.