任意整理後のクレジットカード

任意整理

任意整理した後もクレジットカードは使える?

投稿日:

任意整理した後のクレジットカード

任意整理をした後のクレジットカードの発行、利用、更新といった事柄について、情報をまとめています。
今のご時世、特に買い物ではクレジットカードが使えないととても不便なことが多いです。
キャッシュレス化も少しずつ進んでいますよね。
借金が減額されたり、将来利息のカットにより返済が楽になるとはいえ、クレジットカードが使えなくなる不安はありますよね。
任意整理など債務整理をした後、クレジットカードの使用などについて、みていきましょう。

任意整理した後もクレジットカードは使える?

任意整理は整理する借金を選択することが出来ます。
これは、債務整理の中でも任意整理のメリットの一つといって良いでしょう。

何枚かクレジットカードをお持ちの場合、借入が少ないクレジットカードを任意整理の対象から外すことで、継続して利用することができます。

借入の金額が多く、任意整理の対象としたクレジットカードは当然ながら使用する事は不可になります。

他の債務整理の方法、個人再生や自己破産の場合には、クレジットカードを含む全ての借金が整理の対象となります。

そのためクレジットカードも全て強制解約となります。

任意整理の対象外にしたクレジットカードは任意整理後も使える

任意整理を選ぶメリットの一つは、整理する借金を選べるということです。

そのため、数枚クレジットカードをお持ちになっている場合、借金の残高が多いクレジットカードや、任意整理をすることを考える原因となったショッピングリボのカードなどを任意整理の対象としあまり利用していなかったクレジットカードは残す、といったことが可能です。

消費者金融のみを任意整理の対象として、クレジットカード会社への返済は継続する、といった方法も出来ますから、柔軟に検討することが出来る債務整理の方法といえます。

任意整理の対象外としたクレジットカードは、引き続き使用する事が可能です。

しかし、注意点もあります。

任意整理の対象外にしたクレジットカードが使えなくなるタイミング

せっかく任意整理の対象外にしたクレジットカード。
ずっと使える・・・かと思いきや、そうではありません。

使えなくなるタイミングがあります。

その任意整理後にクレジットカードが使えなくなるタイミングとは、

  • クレジットカードの更新審査
  • クレジットカードの途上与信(与信審査)

のタイミングです。

クレジットカードの更新審査

クレジットカードの更新のタイミングは必ずやってきます。

その際、ブラックリストに載っていることが確認されますから、更新は不可となる可能性が非常に高いです。

ただし、任意整理を他の借金で行っていてブラックリストに載っていたとしても、残したクレジットカードの利用に対してしっかりと返済をしていた場合には、更新審査が通り新たにクレジットカードが発行される可能性はあります。

そう考えると、任意整理の際にわざわざ残したクレジットカードに関しては、

「本当に必要な時だけ買い物などに利用して、しっかりと返済を行う」

ことを徹底すれば、利用を継続できる可能性があります。

クレジットカードの有効期限の設定は、クレジットカード会社によって異なります。

20代でクレジットカードを作りたての方の場合には、有効期限は短い場合が多いのではないでしょうか。
1年、2年といった短い場合には、すぐに更新審査を迎える事になりますから、せっかく残したクレジットカードも短期間で使えなくなる可能性はあります。

クレジットカードの途上与信(与信審査)

クレジットカード会社は利用者に対して、定期的に途上与信を行っています。

途上与信とは、クレジットカード利用者の信用力の審査です。
継続して利用しても大丈夫かどうか、といった審査となります。

この時、個人信用情報機関に照会が入り、ブラックリストに載っていることが分かった場合には、利用停止になる可能性はあります。

しかし、これに関しても先ほどの更新審査の項目にもあったように、利用して返済をしっかり行っていればクレジットカード会社の判断として継続利用可、という判断がされる可能性はあります。

こればかりはクレジットカードの裁量次第となりますので、その時にならないとわからないといったことになります。

未使用、ほとんど使っていないクレジットカードも利用停止になる?

未使用のクレジットカードの場合、当然ですが借入がありませんから任意整理の対象にする必要はありませんね。

そのため、カードを残すことが出来ます。

本当にたまにしか使っていない、というクレジットカードもあると思います。

過去に新規入会キャンペーンの特典が欲しくてカードを作成しただけ、といった場合もある方は多いでしょう。

そうしたカードもわざわざ任意整理することは無いですよね。

ですから、当面の間は利用が可能です。

しかし先ほどと同様に、それぞれのクレジットカードの更新審査、途上与信のタイミングで利用停止になる可能性は高いです。

それだけブラックリストに掲載されている事故情報は重視される、といえます。

クレジットカードの発行、使えるようになるまでの期間

それでは、任意整理を行った後、再びクレジットカードを新規発行できるようになるには、どれくらいの期間を待てば良いのでしょうか。

クレジットカードが無い生活が不便、不安・・・という方は多いとは思いますが、以下の期間はどうしても待つしかありません。

任意整理の場合、ブラックリストから消えるまでの期間

債務整理を行うと、それぞれの手続きによりブラックリストに掲載される期間(クレジットカードの利用停止期間)が異なります。

個人信用情報を管理する機関は国内に3つあります。

個人信用情報を管理する機関

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 指定信用情報機関(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)

この中で影響が大きいのは、全国銀行個人信用情報センターで全銀協といわれる機関の信用情報です。

全銀協では主にローンやクレジットカードなどに関する信用情報を扱っています。

信用情報機関 任意整理 個人再生 自己破産
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 5年 10年 10年
指定信用情報機関(CIC) なし なし 5年
日本信用情報機構(JICC) 5年 5年 5年

任意整理をした後、どうしてもクレジットカードを持っていたい!という場合

任意整理をした後、どうしてもクレジットカードを使いたい場合もあると思います。

ネット決済のみのサービスなどもありますし、毎回少額の支払いのためにコンビニ、銀行など窓口に行くのも大変・・・となれば、クレジットカードを1枚残しておきたい、と思う方も多いのではと思います。

未使用のクレジットカードを持っていないといった場合には、未使用のクレジットカードを作ってから任意整理の手続きを弁護士などに相談するという方法もあります。

クレジットカードの中には、比較的、審査が甘いカードも存在します。

そうした審査が甘いクレジットカードは、年齢制限の幅が広かったり、収入要件もさほど厳しくないといった特徴がありますので、申込み条件を調べると分かる場合が多いです。

ただし、作成した後の与信審査でどう判断されるかは分かりませんから、ずっと使い続けられるとは考えない方が良いかもしれません。

任意整理の後、クレジットカードがどうしても必要な場合

任意整理をした後、どうしてもクレジットカードが必要な場面もあるでしょう。

その際の対応、支払方法として次のような方法があります。

家族カードを使う

債務整理はあくまで個人の信用に関して影響します。
あなたの借金、その結果の任意整理は、家族の信用には影響がありません。

ですからご家族がいる場合(妻、夫、親など)には、家族カードを作ってもらって利用させてもらうことは問題ありません。

ただし、家族カードを使う場合には、

「使いすぎない」

ことだけは注意が必要ですね。

あとは、使った分のお金をしっかりと返済することも、家族ながら重要となるでしょう。

任意整理をしているのですから、家族カードの利用に関してもしっかりと目を光らせてもらった方が良いのかもしれません。

クレジットカードがあると、つい使ってしまう・・・といった方は、気をつけた方が良いかもしれません。

デビットカードを作る

審査が不要なデビットカードを作り、ネットショッピングの支払をする方法は可能です。

銀行口座に残高がある必要がありますが、任意整理後に審査なしで作ることが出来るメリットは大きいと言えます。

口座にある残高しか使えませんから、使いすぎないといったメリットもあります。

ただし、高額な商品を購入したい場合などには向かないケースもあるでしょう。

良くも悪くも、デビットカードを使う場合には収入の範囲内で生活しなければなりません。

ブラックリストの解除を待つ

家族カードの発行を頼むような家族がいない、といった場合にはデビットカードをつくるか、もしくはやはりブラックリストから消えることを待つ必要があります。

任意整理の場合には5年待つ必要があります。

その間、滞納しないように返済が続くようにすることも大切です。

今、借金返済が辛いなら早めに債務整理の相談を

借金返済が辛い場合、クレジットカードへも確実に影響はありますが、早めに任意整理を含めた債務整理の手続きを検討されることをオススメします。

借金問題は時間が経てば経つほど返済額が膨らんでしまう方は多いと思います。

また、買い物依存の方の場合には、問題を先送りにするとその間にもまたリボ払いで買い物をしてしまう可能性もあるかもしれません。

借金、クレジットカードに関しての悩みについても借金問題の専門家である弁護士や司法書士にすることが出来ます。

多くの方の債務整理をサポートしてきた経験から、任意整理後の生活についても詳しくアドバイスをしてもらえるでしょう。

相談無料の弁護士や司法書士は多いです。

匿名、無料で減額診断から始めてみるという方法もオススメです。

-任意整理
-,

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.