任意整理の費用

任意整理

任意整理の弁護士費用の相場について

投稿日:

任意整理の弁護士費用 相場はいくら?

任意整理は弁護士や司法書士など、専門家に依頼をして手続きを行う方法が一般的です。
任意整理は自分で債権者と交渉することも可能ですが、クレジット会社、消費者金融によっては個人との交渉は行わないという方針を採っているところもあります。
また、素人が交渉をしても不利な条件で和解してしまう可能性もあります。
任意整理は弁護士など専門家の任せた方がスムーズに手続きが進みます。
任意整理を依頼する際の弁護士費用についてまとめています。

任意整理 弁護士費用の相場について

任意整理を行う際に、気になるのが弁護士費用です。

任意整理にかかる費用としては、次のようなものが主な費用となります。

  • 相談料
  • 着手金
  • 成果報酬(報奨金)
  • 減額報酬

これに加えて、

  • 実費・日当
  • 過払金報酬金

が加算されることもあります。

詳しくみていきましょう。

任意整理の弁護士費用の内訳

任意整理の弁護士費用の内訳についてみていきましょう。

後ほど詳しく法律事務所ごとの費用を比較して見ますが、費用の設定に関しては様々です。

減額報酬が思ったよりも高かった・・・といったことがないように、任意整理の費用に関して明朗会計、事前に明らかしてくれる弁護士を選ぶといったこともポイントですね。

トータルでの費用の比較・弁護士の任意整理の実績も含めて依頼を判断することが大切です。

相談料

相談料に関しては、借金問題の相談など初回相談無料にしているところは多いです。
相談は何度でも無料、といった法律事務所もありますが、2回目以降は30分5,000円といったように費用が発生するところがほとんどです。

最初の無料相談の時に、任意整理について質問したい事をしっかりとまとめて、聞き忘れの無いようにされることをおすすめします。

着手金

任意整理の手続きを開始する際に支払う費用です。

着手金0円~5万円など、費用を調べていくと幅広く設定されています。

着手金0円として、依頼しやすいようにしている弁護士もいれば、着手金をしっかり設定しその分、成果報酬を下げるといった弁護士もいます。

途中で解任しても、戻ってこない費用になります。

成果報酬(報奨金)

任意整理が成功したときに、1社2万円といったように発生する費用です。
5社から借入があって任意整理に成功した場合、10万円の費用が報奨金として発生します。

1社あたり2万円程度が相場と言えます。

減額報酬

任意整理が成功し、実際に減額された金額に応じて発生する費用です。
10%~20%が減額報酬として設定されていることが多いです。

任意整理の場合、上限が10%に定められています。

複数の貸金業者から借入がある方は、あらかじめ1社ごと計算になるのか、減額できた金額の合計からの減額報酬なのか確認されると良いでしょう。

10.8%の場合、税込みとして記載されているようです。

実費・日当

弁護士が貸金業者と交渉する際に発生する交通費、通信費、コピー代などが実費として請求されることもあります。

実費・日当がかかるかどうかも、初回相談の際に確認したい事項です。

過払金報酬金

任意整理の場合、取引開始が古い方の場合には、利息制限法による引き直し計算で、過払い金請求が出来る可能性があります。

訴訟があるかどうかによって、変わってきます。

訴訟なし、交渉によって回収 : 過払金回収額の20%前後
訴訟あり、裁判によって回収 : 過払金回収額の25%前後

弁護士費用を安く抑えるポイント

借金返済で大変なところへ、任意整理の費用もかかる・・・となればお金の心配をするのも当然です。

少しでも任意整理の費用支払の負担を軽くするためにも、次のようなポイントに気をつけてみてください。

分割払い、後払い対応可の法律事務所を選ぶ

弁護士費用の支払いの負担を軽くするには、支払方法も一括ではなく「分割払い、後払い対応可」の事務所を選ぶ必要があります。

債務整理に対応している事務所の全てが分割払いや後払い対応といった支払方法に対応しているとは限りませんから、事前に費用の支払いに関しては確認は必要といえますね。

弁護士へ債務整理を依頼するのをためらっている方の中には、費用や支払方法が心配で・・・という方もいるのではと思います。

ただ、多くの弁護士は借金返済で辛い大変な依頼者に対して、出来るだけ負担がないような支払方法を考慮してくれます。

無料相談の際の支払いに関しても質問をし、確認されることをおすすめします。

日本弁護士連合会が定める報酬規制との比較

債務整理に関する弁護士報酬のルールがあります。

任意整理の報酬には上限が定められていますので、上限を超えていないかはチェックされた方が良いでしょう。

弁護士だから、司法書士だから、といったことで完全に信用してしまうのではなく、万が一ということもありますので、確認はされたほうが良いのではと思います。

良心的な弁護士事務所の場合、始めの方で費用説明があることも多いです。

解決報酬金は、原則、消費者金融1社あたり2万円以下(商工ローンの場合は5万円以下)。

減額報酬金は、減額した金額の10%以下。

過払い金報酬金は、交渉の場合は回収額の20%以下。訴訟を行った場合は回収額の25%以下。

と定められています。

任意整理の費用が安い弁護士の方が良い?

こうしたように弁護士に任意整理を依頼した際には費用がかかります。

出来るだけ安い費用で任意整理をお願いしたい、と思う方が多いと思います。

ただでさえ借金の返済で大変だったのですから、弁護士費用は少しでも安い方が良いですよね?

でも、任意整理は貸金業者との直接交渉となります。

交渉ということは、落としどころがあります。

お金をあなたに貸している貸金業者としては、

「出来るだけ多く、早く回収したい」

と考えます。

任意整理の返済中、やっぱり無理!自己破産します。
となれば、お金の回収が出来なくなってしまいます。

しかし、返済を楽にしたいあなたとしては、

「出来るだけ、毎月の返済額は少なくしたい」

と考えます。

借金の残額にもよりますが、弁護士は可能な限りあなたに有利な条件を引き出そうと貸金業者と交渉してくれます。

費用が相場より安い弁護士は、実績がまだ少ないのでお客を集めたいか、交渉力にあまり自信がないので高く設定しきれない、といった可能性も考えられるのです。
(もちろん、中には良心的に借金返済で困っている方が利用しやすいように安い費用にしているところもあるでしょう)

任意整理の費用がやすいと、引き出せる条件もそれなり、といった可能性も考えられます。

任意整理を依頼する際には、これまでの弁護士の実績を知って、実際に無料相談をして信頼出来る人柄かどうかも判断の基準にされることをおすすめします。

弁護士よりも任意整理の費用が安い司法書士

それでも弁護士費用の支払が不安・・・といった場合には、法テラスが利用出来ないか相談してみてください。

弁護士事務所の中には、法テラスの窓口になっているところもあります。

法テラスの民事法律扶助制度では、一定の収入を下回る人を対象として費用立替を利用することが出来ます。

1社からの借入額が140万円以下であれば、司法書士への依頼も検討できます。

司法書士は140万円以下の事案までは対応できますし、弁護士と比べて費用を安くしていることが多いです。

司法書士でも任意整理を得意とするところは多いですから、少しでも任意整理の費用をしたい場合には、140万円以下であれば司法書士への依頼も検討してみてください。

-任意整理
-,

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.