自己破産で家を処分する

自己破産

借金200万 自己破産したらどうなる?

投稿日:

借金200万 自己破産

借金200万円、自己破産した方がいいかどうか悩んでいる・・・という場合、任意整理をして払えるかどうか、個人再生した場合にも返済が可能かどうかで判断することが必要です。
もし、持ち家を残したいのであれば個人再生を視野に検討することになるでしょうか。
しかし、借金の返済が不可能な状態(支払い不能状態)であれば、自己破産の一択になるのではないでしょうか。
自己破産したらその後どうなるか、自己破産後の生活はどうなるのか、といったことについて見ていきたいと思います。

借金200万 自己破産した方が良いのか悩む

借金200万円、自己破産することは可能です。

自己破産できるかどうかの借金の金額の目安は特に無く、

支払い不能状態」

にあるかどうかが判断されるためです。

ですから借金の金額が100万円以下の方であっても自己破産の免責が下りた方もいますし、逆に返済可能として借金300万であっても自己破産が認められないというケースもあります。

どれくらいの借金があれば、自己破産できるかといった借金の金額の目安はなく、今のご自身の収入状況、資産の状況などから今後の借金返済が可能かどうか、といったことでお考えになってみてください。

任意整理するか、自己破産するかどうかで迷われている方もいるかもしれません。

自己破産は債務整理の中では最も強力です。
しかし、デメリットもあります。

任意整理は返済ができることが条件となります。

どちらも考慮しなくてはならないことが多いです。

債務整理した後の生活のことも考える必要があります。

自己破産など借金減額について、手続きをするかどうしようか・・・とお考えになる場合には、必ず専門家に相談をされることをおすすめします。

数多く債務整理の経験を積んでいる弁護士に相談をすることで、債務整理後の生活についても見通しを持つことが出来ます。

借金減額診断も行ってもらえるでしょう。

初回相談無料という弁護士事務所は多いです。
まずは相談をされることをオススメします。

借金減額診断診断

無料、匿名で借金減額診断をすることが出来ます。
あなたの借金がどれくらい減額できるのか、債務整理の方法で適した手続きはどれか、など相談をすることが出来ます。
いきなり弁護士事務所に電話をするのはちょっと・・・といった場合にも、こうした借金減額診断はおすすめです。

⇒ 借金減額診断シミュレーター

自己破産したらどうなる?

もし、自己破産するとしたら。自己破産した後の生活はどうなるんだろう・・・」

という不安はやはりあると思います。

  • 家はどうなるの?
  • 子供の学校は、将来への影響は?
  • 給料、仕事はどうなる?
  • クレジットカードは使える?作れる?
  • 周りにバレる?

自己破産して借金がゼロになる代わりに、生活へどういった影響があるのだろうか・・・

自己破産後、それぞれの影響についてみていきたいと思います。

住宅(マイホーム)について

自己破産者の名義のマイホームは処分をしなくてはなりません。

その後の賃貸住居探しには、保証人が必要ない賃貸を探すと良いかと思います。
ブラックリストに載っていますから、不動産会社によっては利用を断られる可能性があるためです。

ただし、マイホームの名義が自分では無い場合には、処分をしなくても良い可能性もあります。
弁護士に相談をされると良いでしょう。

自己破産したら賃貸マンションを出て行く必要はある?

住宅、持ち家の話題が出ましたので関連の話題として取り上げたいと思いますが、自己破産したからといって賃貸マンション、アパートなどから出て行く必要はありません。

追い出されることもないでしょう。

実際、あなたが自己破産したことを家主、管理会社に伝えなければ分からない事実です。

家賃が払えている場合には、特に問題になることは考えられません。

ただし、家賃の滞納が続いている場合には別です。

自己破産とともに滞納していた家賃も免除されますが、その後の対応で明け渡しを求められることになるでしょうから交渉が必要かもしれません。

出て行きたくないから、と家賃だけを支払うのもルール違反となりますので注意が必要です。

また、家賃が高いという場合には、自己破産後の生活を考えて転居も検討することが必要でしょう。

子供の学校は、将来への影響は?

自己破産によって、子供の学校へ何かしら影響が出ることはないでしょう。
ただし、引越に伴っての転校などはあり得ます。

また、自己破産から10年間は奨学金の保証人になることが出来ませんから、そういった影響も考えられます。

給料、仕事はどうなる?

自己破産することで解雇されることもありませんし、特に仕事上で支障となることはありません。

自己破産後の給料に関しては、差し押さえの対象にはなりません。

自己破産後(破産手続開始決定後)に取得した財産や現金は「新得財産」と呼ばれます。

クレジットカードは使える?作れる?

自己破産から10年間はブラックリストに載ってしまうため、クレジットカードは使えませんし、新規発行の審査にも通りません。

今はネット通販を始めとして、クレジットカードが使えないと不便ですが仕方がありません。

クレジットカードが必要なことがある場合には、家族カードを利用させてもらうか、審査なしで発行できるデビットカードを作成するといった対策が必要です。

世の中、今後はキャッシュレス化が推進されていきますから、生活で不便を感じることは多く鳴るかもしれません。

自己破産したことが周りにバレる?

自己破産した、というとやはり世間体は悪いと感じますよね。

絶対に周りにはバレたくない・・・と思っている方も多いと思います。
しかし、自己破産したことは周囲にバレないケースが多いのです。

官報には掲載されますが、一般市民は見ませんし存在も知らないです。

持ち家から急に引っ越して生活が質素になった、といった場合には勘ぐられることもあるかもしれないですが、あえて言わなければ、ハッキリとは分からないものです。

身内にはお金の融通などで説明しなければならないこともあるかもしれませんが、知り合いに自己破産したことがバレる、といったことはあまり考えられません。

自己破産の金額の目安とは

自己破産の目安となる借金の金額は特にない、と言えます。

自己破産の判断基準となるのは、

「支払い不能状態」

であるかどうか、となります。

借金の返済可能額は人によって異なります

生活保護を受けている方は、借金返済能力は無いと考えられますので借金の金額が70万、80万といった少額であっても自己破産となる可能性は高いです。
そもそも生活保護費を借金返済に充てることは出来ません。

夫がいてパートで働く方であれば借金が100万円あったとしても、月の返済が2万円、3万円と継続して可能であれば任意整理でといったことになるかもしれません。

シングルマザーで収入が12万円、子供が3人いて、生活費・学費とかかる状況であれば月の返済が7万、8万といった金額は無理と判断される可能性が高いです。

自己破産される方の中には、シングルマザー、母子家庭といったケースも多いということです。

リストラされて収入が途絶えた高齢者、病気・怪我で長期間働くことが出来なくなった、という方も自己破産が認められるかもしれません。

全ては、裁判官が債務者が支払い不能状態であるかどうか、といったことで判断されますので一概には言い切れない部分が大きいのです。

私の借金額、今の収入状況、家族状況で自己破産ができそうかどうか、また他の債務整理の方法が良いのかどうか、お悩みになっているのであれば弁護士など債務整理の専門家へ相談をされることをオススメします。

これまでの豊富な経験から、適した借金減額の方法、債務整理の方法を検討してくれます。

自己破産の平均金額について

自己破産が認められるかどうかはケースバイケースとなりますので、借金の平均金額などはありません。

あくまで支払い不能状態かどうか、で判断されますから他の方の事例を知ったとしても意味が無い、ともいえます。

借金200万円で自己破産はできます

借金200万円であっても、支払い不能状態にあるのでしたら自己破産をすることが出来ます。

自己破産にはメリット・デメリットとあります。

大切なのは、自己破産をすることによって生活が立て直せること

任意整理や個人再生ではなくて、自己破産を選ぶことをお考えになる場合には、そのことが最も重要ではないでしょうか。

自己破産後、リセットしてこれからの生活を立て直していくためには、しっかりとした収入が得られることも大切です。

パートから正社員を目指して新たに収入が高くなる仕事への就職活動をしたり、正社員としてお仕事をお持ちの方は今まで以上にお仕事を頑張るなどが大切になるのではと思います。

自己破産された方の多くは、借金問題がなくなったことによって明るい生活を取り戻されています。

そのための第一歩が、弁護士など債務整理の専門家への相談、といえます。

⇒ 債務整理の経験豊富な弁護士へ相談する

-自己破産
-

Copyright© 借金減額の方法〜知らないと損する借金減額の仕組み , 2019 All Rights Reserved.